スポンサーリンク
2020年の終わりに 明けない夜はないと信じて 嵐 松本潤 2020年 紅白 | 40代これからの生き方

2020年の終わりに

スポンサーリンク

ブログ

現在、2020年12月31日21時42分です。
那須川天心選手がKOしきれなかったけれども強かった場面を見届けて、嵐の歌がスタート。
先ほどから紅白とRIZINを行ったり来たりしながら、この記事を書いています(ガキ使は録画)。

「明けない夜はないと信じて」

こちらは、紅白での嵐、松本潤さんのメッセージです。
2020年は本当に世界中の人々にとって、特別な年となりました。
苦しい思いをした人、現在進行形でしている人も多いと思いますが、永遠にそんな状況、気持ちが続く訳ではありません。
それぞれの抱える苦難を乗り越えるべく、私たち一人ひとり、目の前のこと、やるべきことに注力していきましょう「明けない夜はないと信じて」。

「自ら決断すること」の大切さ

また、こんな時代だからこそ、流されるのではなく、自ら考え、決断することが、とても大切であると考えています。

「非自発的同意」この言葉を聞いたことがあるという方はいらっしゃいますでしょうか。
自発的に同意した訳ではなく、かといって強要された訳でもない、「やりたくはないけれど、さまざまな理由からやらざるを得ないと思ってやること」を意味します。

この問題を解消することは簡単ではありません。
「やりたくないならやらなければいい」という一言では決して片付けられません。
やらざるを得ないと思ってしまう背景にしっかりと向き合う必要があるのです。
私は何かそのお手伝いができればと思っています。
来年は、その気持ちを形にできるよう努めてまりいます。

と、これを書きながら、三山ひろしさんの歌とともにけん玉ギネス記録への挑戦成功を見届けました。
さて、朝倉未来選手はKO勝利を収めましたが、弟の海選手はいかがでしょうか。
と、書いたて締めようと思ったところ、あっという間に決着しました!笑
まさに衝撃の決着。堀口恭司選手おめでとうございます。
この後は、ゆっくり紅白を観ることにします。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました