スポンサーリンク
1年ぶりのブログ更新と戻ってきた理由について | 40代これからの生き方

1年ぶりのブログ更新、どうして戻ってきたの?

スポンサーリンク

ブログ

そもそもブログを始めた理由

2021年3月末に次の仕事のあてもないまま約10年勤めた会社を退職したことがきっかけです。
40代、1児の父という状況において、無謀な選択と思われるかもしれませんが、続けていくことのほうが心身の健康に支障をきたす状態であると判断し決断しました。

もう少し退職についてお話しします。
退職理由は、簡潔に言うと「会社員という働き方に嫌気が差した」ということです。
具体的には、上司との人間関係の問題や働き方の方針に納得できなかったということなのですが、新型コロナの影響による業績悪化やそれに伴うピリピリとした空気感も背景にあったように思います。

「そんなことくらいで…」とか「今は我慢すべき」などいろいろお感じなる方はいらっしゃると思いますが、私としては、大変な状況になり、会社の(上司の?)本質的なところがよく見えたと思っています。また、40代だからこそ、今ここで決断しなければこの先ずっと我慢し続けることになると考えました。

まあ、そんな理由で退職しましたし、加えて年齢的なこともありましたので、次の就職先については、当然に厳しいものになると覚悟していました。そのため、会社員以外の働き方についても検討するようになったのです(もちろんその選択肢も厳しいものであると理解していましたが…)。
そんなこんなで、フリーランスという選択肢も見据え、調べを進めた先に「ブログ」が浮かんできたというわけです。
実際には、退職を決意した2020年の終わりころから動き出したのですが、フリーで何ができるだろうと考えたときに、資格や経験を活かした相談業務やライティング、せどり、アフィリエイト、いずれをするにしても、オンライン上の拠点としてブログを開設しておくと良いだろうと思うに至りました。それに、もし、また会社員になったとしても副業として続けることもできますから。

ブログの挫折とその理由

さて、そんな経緯で始めることにしたブログ。
アメブロは昔ちょっとやっていたことがありましたし(つまりすでに挫折していたということですが…)、noteもときどき書いたことがあったので、どうせやるならと今回はワードプレスを選択しました。
無料で始められるものがたくさんある中で、初期費用のかかるワードプレスを選択したのは、自分自身への枷でもあったように思います。

「お金をかけるのだから、中途半端で辞めてしまわないように」

なにせ、私が飽きっぽいことは私が一番自覚していましたから。

それにもかかわらず、続けることができなかったのですが…。
ではその理由、一番の要因は何か?
それの答えは「就職できたから」です。
本当に運よく、タイミングよく、4月の終わりに6月からの就職が決まったのです。
それも、なんと以前の会社よりも良い待遇で。
このときは、もう一度会社勤めとなるものの、「安心した」という気持ちのほうが強かったと思います。
また、4月、5月は雇用保険の基本給付(失業手当)もいただけますし、6月から再び会社勤めと考えると、「先のことは考えず、とにかく羽を伸ばしたい」そんな気持ちがだんだん強くなり、その結果ブログはおざなりになってしまいました。

どうして戻ってきたのか、その理由

ブログのことは放置したまま、6月に新しい勤務先に入職し、忙しいながらも順調に業務に慣れていきました。
前職の有休消化期間(およそ2ヶ月)や退職後から入職までの期間(2ヶ月間)はだいぶダラダラと過ごしていましたので、当然比べればそうだろうと思いますが、忙しいく過ごす日々が続いたことで、そのままブログを再開することもなく過ぎていったのです。

すると、しばらくしてサーバーの更新連絡のメールが届きました。
それを見て、ハッとしました「えっ、もう1年経ったの!?」。
当然更新するには、また費用がかかります。
結局、早々に放置してしまったわけですし、ここで終わりにするのが普通の判断かと思いますが、ここで私の頭をかすめたのは、折角Googleアドセンスの審査にも通ったのに「もったいない」という思い。
更新しないブログを残しておくほうがもったいないか、辞めてしまうほうがもったいないのか。
私はパチンコはやりませんが、やったとしたら「次こそ出るはず」と散財するまでやめられないタイプかもしれません…。

兎にも角にも、そんな気持ちでとりあえず継続することに。
ちょうど、新しい職場にも慣れてきたころでもありましたので、副業として続けて(再開して)みようという気持ちもありました。
それでも、すぐに行動できないところが私の悪い癖でもありまして、更新からさらに3ヶ月放置…

そんな状況から戻ってきたきっかけは、保育士試験を受験したことでした。
直接、今の業務に関係があるわけではありません。
また、保育士として転職しようというのでもないのですが、もともと多世代交流、共生などに興味があり、いずれそのような分野にも関わっていきたいという気持ちを持っていました。
この辺りの詳細は、また改めてまとめたいと思いますが、試験を終えてみていろいろと感じたことがあり、これから保育士試験を受けようと考えている方に対して、何かお伝えできることがあるのではないかという思いで、ブログを再開に向けてようやく重い腰が上がったのです。
そういうわけで、これまで雑記ブログや終活のことなどを書いてきましたが、このあと、ひとまずは保育士試験について書いていくことにします。

こんなふうに、ひょんなことからまたブログを始めてみようと思えることもあります。
ブログをやっていたけれど辞めちゃったなあという人は、新しいことへのチャレンジや、これは失敗したなあという体験があれば、それを機にまた始めてみてはいかがでしょうか。
きっと、その体験談が誰かの役に立つことがあると信じています。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました