スポンサーリンク
1月7日は「七草」 | 40代これからの生き方

1月7日は「七草」

スポンサーリンク

ブログ

今年のお正月は初詣には行かれましたでしょうか?
三ヶ日の参拝は控えた方も多かったのではないかと思います。

例年とは異なる年末年始だったからこそ、お家でできるお正月らしいことをしてみるのも良いですね。
さて、そんな時におすすめが、1月7日の「七草」です。
七草粥を食べる習慣がありますが、簡単に作れて食べるだけなので、非常に手軽です。

春の七草とは

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」

いつぞや、こうやって覚えたものが今でも頭の片隅に残っています。

ちょっと話がずれますが、九九のように子どものころに覚えて、いまだに覚えていることって意外とありませんか?
私は、円周率(3.14159265358979…思い出せるのはこれくらいでした(^_^;))とか、数の単位(一十百千万億兆…那由多、不可思議)とか(そう言えば、ガキ使で久しぶりに「那由多」を耳にしました笑)。

さて、こんな風に、なんとなく何を入れるかは覚えていますが、実際に個別に手に入れやすいのは、すずな(蕪)とすずしろ(大根)くらいだと思います。
ところが、この時期にはなるとスーパーには「七草セット」が並んでいるので便利ですね。

七草粥

作り方は至ってシンプル。基本は塩味のみですが、私は、白だしを少し加えます。
買ってきた「七草セット」と塩、白だしを少々入れて、炊飯器のお粥モードで炊くだけ。

あっさりですが、これが良いのです。
そもそも七草粥は一年の無病息災を願うものと言われていますが、年末年始に食べ過ぎ、飲み過ぎた胃腸を休めるという意味もあるそうです。

お家時間が多く、いつもより食事やお酒を楽しまれた方は特に、七草粥を作ってみてはいかがでしょうか。

コメント

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました